小竹向原、江古田駅近辺で活動しているボーイスカウト練馬5団のホームページです。

 

 

9/24(土)に実施される。

ビーバー活動体験の募集中

(先着となります

内容   高尾山登山とムササビ観察

対象年齢 幼稚園、保育園 年長、小学校1、2年生

保護者同伴が必須です。

 

 

参加希望の方は

 

bsnerima5@gmail.com までメールお願いいたします。 

 

ボーイスカウト練馬5団ではコロナ対策を実施の上で活動を実施しています。

この夏もキャンプ(西湖、式根島、尾瀬など)を実施しております。

小学校3年以上のかたも興味のあるかたはご連絡ください。

 

練馬5団の最近の活動

2022年

9月

11日

ボーイ隊 沢登り

沢登りに行ってきました。
下流から上流へ、川を遡って果敢にアタックをします。
続きを読む

2022年

7月

03日

ボーイ隊 高尾山ハイキング

高尾山周辺の山から登りました。急勾配もありましたが、ボーイ隊はサクサクと進むことができました。
続きを読む

2022年

6月

12日

ボーイ隊 ハンターハイク

続きを読む

2022年

5月

15日

カブ隊 サイクリング&アスレチック

こんにちは。カブ隊の活動を紹介します。

 

 5月15日(日)に、森林公園へ行ってきました。

今回の活動は、サイクリングとアスレチックです。

 

今回活動はスカウト9名と体験参加2名の計11名が参加しました。

電車とバスを乗り継いで森林公園へ。電車の中では“自転車博士”になるため、自転車の部品の名前も憶えました。

続きを読む

2022年

4月

29日

ボーイ隊 歓迎キャンプ

上進者を迎え、2泊3日のキャンプに行ってきました。
装備を整え出発します。
続きを読む

2022年

4月

17日

上進式

新しい教会で初めての上進式を行いました。今年も各隊に上進者を迎え、新年度の活動をスタートします!!

2022年

3月

27日

カブ隊 さよならデイキャンプ

今日は今年度最後の活動。これでカブ隊を卒業するスカウト達を送るデイキャンプ活動です。今回は空き缶でご飯を炊く空き缶飯盒炊爨です。
まずは空き缶に慎重に穴を開けて、かまど作り。もう一つの缶にお米を入れて準備OKです。
続きを読む

2022年

3月

13日

カブ隊 BP祭

今日の活動は、ビーバー隊と合同で、BP祭です。カブ隊はコロナ禍による延期もあって今日で4週連続活動なのですが、今日も元気に活動です。
まずは隊長からBPについての紙芝居のあと、スカウトの語源である斥候になるゲームを行いました。
続きを読む

2022年

3月

05日

ボーイ隊ナイトハイク

夜から朝にかけコマ地図を頼りに歩きました。
続きを読む

2022年

3月

05日

カブ隊 ナイトハイク

今日の活動はナイトハイク。カブ隊は白金台駅から江古田の教会まで歩きます。コロナ禍でちょっと運動不足だけど、全員完歩目指して頑張ろう!
続きを読む

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、ボーイスカウト練馬5団 広報委員(bsnerima5@gmail.com)の責任のもとに掲載しています

新年恒例のお餅つき会です。朝から天気も良くすがすがしい空気の中、2台の臼でお餅をつきました。お雑煮、おしるこ、磯辺巻き、ピザ餅、ポテトチップス餅など、つきたてのお餅を美味しく、沢山頂きました。教会、育成会と一緒に新年・成人の日をお祝いしました。今年も実りのある一年になることを願っています。

 桜の花が満開の清々しい陽気の中、東京都心や湾岸を50キロを歩くイベント、練馬区チャレンジ50に参加しました。5団からはスカウト4名、リーダー2名が挑戦しました。また、5団は第8チェックポイントを担当し、東池袋の公園に拠点を構えスカウト達を励ましました。

  年間プログラムの集大成である練馬地区イベントのチャレンジ50が、3/30に開催されました。都内50kmをコマ地図を頼りに練馬駅前からスタートし、平和台のゴールまでハイクします。5団は、第8チェックポイントを担当し、イベントに参加するスカウトの安全確認と記録報告を行いました。ボーイ隊から2名、ベンチャー隊から2名の計4名の   スカウトと一般2名が参加しました。5団からの参加者全員が規定時間内にゴールし、完歩することが出来ました。
  ボーイ隊スカウトは、ゴールでは、12時間を超えるハイクとなり、かなりの疲れもありましたが、表彰式では、完歩賞と班長には、エクセレントグリンバー賞を 地区コミッショナーから授与され、喜びの笑顔も見られました。
  スカウトにとって、今後の活動への大きな自信につながったチャレンジ50でした。
完歩後の表彰式

カブ ナイトハイク